地盤調査

TOP > 事業案内 > 地盤調査

新しい地盤調査技術の開発

当研究所は,(財)地域地盤環境研究所時代から半世紀にわたり蓄積してきた地盤調査技術と多彩な技術者のネットワークにより,最新のテクノロジーを応用して,新しい地盤調査技術の開発と現場への適用に取り組んでいます。

音響トモグラフィ(JFEシビル(株)との共同研究)

音響トモグラフィ地盤調査は,岩盤や地下水位以下の土砂地山内における“地盤構造”を2次元的に可視化する物理探査手法の一つです。本手法は,発振源として高周波数の音響波を用いるもので,地盤に掘削した2本の計測孔にそれぞれ発振器と受信器を設置し,2孔間の断面を精度良く,騒音などの影響を受けることなく調査することができます。

高速サウンディング 回転式大型動的貫入試験機[HiSS]

(研究グループ:川崎地質(株),ヒロセ(株),東洋建設(株),(株)トマック,(株)オキココーポレーション,(株)ユビロン・ファクト)
従来の動的円錐貫入試験機は,標準貫入試験に比べ手軽に行え,地盤強度を連続的に測定できるため,これまで広く利用されてきました。しかし,モンケンの重さと落下高さの規程により,調査できる地盤の硬さや調査深度に限界がありました。特に,コンクリート塊や巨礫等の塊状障害物を多含する土砂等で埋め立てられた地盤では貫入不能になる場合が多々あり,費やされる労力のわりには有効な結果が得られませんでした。
このような問題を解決するための試験機として,強力な貫入能力を持つ「高速サウンディング[HiSS]」を開発しました。


高速サウンディング[HiSS]装置